ペライチなど被リンク用の無料ホームページ制作ツールまとめ2019

2019年3月のGoogle検索エンジン定期アップデートによって、医療美容系のジャンルの検索結果はぐちゃぐちゃになりました。
そんな中でも企業ドメインなどからの被リンクを受けているサイトは根強く生き残っているなという印象を持ちました。
興味深いところはウェブサイト・ランディングページ製作ツール「ペライチ」のドメインが結構上がってきているという点です。
サブディレクトリ型でSEOには弱い、いや強いという結論の出ない論争は多々あるようですが、2019年春時点は確実に評価されています。

無料で使えるプランもあるので変化に対応していなかいと生き抜くことはできないので使わない手はないですね。

→【無料】ペライチ新規会員登録はこちら

google検索アップデートの結果。信頼がおける企業ドメインパワーが評価されている

歯がゆい話ですが、ユーザー目線のコンテンツマーケティングを意識した数千文字のレビュー記事よりも企業の運営するサービスドメインでちょろっと公式サイトのコピーコンテンツを数百文字書いた方が評価されているという現状があります。
そこにサイトへの愛情・想いなどは一切考慮されていません。営利企業として見込み顧客になりうる企業を最優先するgoogleの資本論理のみです。

これからまた検索結果に多少の調整は入るかもしれませんが、個人より信頼のおける企業を最優先して検索エンジン上位にあげるという流れは変わらないと思います。
はてなやアメブロが1ページ目にいるケースも散見されるので、きっとそれが答えなのでしょう。

ペライチも有料の独自ドメインもありますが、サブディレクトリ型の https://peraichi.com/landing_pages/view/〇〇〇(ご自身で決められるURL文字列) というものの方がより目につきます(あくまで主観ですが。。)
あまり多用しすぎるのも削除リスクがあるのでナンセンスかもしれませんが、コンテンツで絶対負けていない!という方はペライチで内容をリライトした中身のある支店サイトを作るのもありだと思います。

無料ブログと同じような立ち位置とはなりますが、リスクヘッジの1つとしては有効かと。
変化に対応していくのに躊躇して手が止まってしまうのが一番やってはいけないことで6割でもいいのでトライアルアンドエラーを繰り返した方が1歩前進できます。

【無料】ペライチ新規会員登録

関連記事一覧

  1. アフィリエイト被リンク対策におすすめな無料ブログ2019

  2. WINGザトールDiverテーマ比較

    THE THORザトール,diver,WING。amp対応WPテーマ比較

  3. YMYL以外のジャンルとは

    【まとめ】YMYL以外ジャンルって結局何なの?リスクヘッジの第一歩