【2018版】PPCアフィリ用WP絞り込み検索プラグインSearch & Filter ProとTCD050

PPCアフィリエイト

2018年4月18日付けでのYahoo!プロモーション広告の規約改定により、PPCアフィリエイト市場は大きな転換点を迎えています。
ざっくり言うとGoogleアドワーズと同様に、サイトへの絞り込み検索機能追加が必要になりました。

その他最低掲載案件数などいろいろと縛りが出てくることが予想されるためGoogle,Yahoo共に同じサイトで出稿できるくらいまで準備を進めておく必要があるのかなと感じています。
Yahoo!は絞り込み検索がなくても出稿継続できているケースも有ると聞きますが、買取サービスやVODなど非物販系のジャンルがほとんどで、サプリやコスメなどの物販系はかなり締め付けがきつくなっている印象です。

直感的なサーチ&フィルタープロ。無料お試し版あり

これまでのぺラページによる記事広告が出稿できなくなることを念頭に絞り込み検索ツールで直感的に操作できて何かよいものがないか探してみたところ、英語版のみですが複数サイトでも$75で無期限利用できるサーチ&フィルタープロにたどり着きました。機能が制限された無料お試し版もあります。

Search & Filter Pro複数サイト用ライセンス$75

有名どころの国産プラグインは結構なお値段するので導入失敗すると大きな痛手ですが、こちらは試験的に手を出しやすくトライアル的に利用できそうな価格帯なので助かりました。
操作してみると簡易的な絞り込み検索はすぐ作れましたが、複雑な絞り込み条件などは若干バグが出たりして英語カスタマーサポートに数回問い合わせして結構な時間を割いてしまいました。。

日本語サポートがほしい方はFE Advanced Search

日本語での手厚いサポートが必要な方は長野県の会社さんが発売されているファーストエレメントの「FE Advanced Search」がよさそうです。
ビットコインでも買える買い切りの絞り込み検索ツールです。複数サイト利用可。
デモ画面を見てみましたがデザインは1からカスタマイズする必要がでてきそうです。

WordPress用絞り込み検索プラグイン「FE Advanced Search」59,800円(税込)

一方、サーチフィルターには無料版もあったので少し使ってみてから有料版を購入しました。

日本語解説は以前はあったようですが今はありません、ですが世界的には人気の絞り込み検索プラグインのようです。
備忘録をかねてSearch & Filter Proの使い方をまとめたいと思います。
PPCアフィリエイターの方だけでなく大規模オウンドメディアサイトを運営している方も有効活用できるんじゃないかなと思います。

サーチフィルターProを使うよりもTCDテーマGENSEN(TCD050)が結果として安かった事実

サーチフィルターPro自体は日本円換算すると1万円以内で買えますが、デザイナーさんにCSSでデザインの微調整をしてもらってエンジニアさんに動作修正をしてもらいと時間と手間が膨大にかかり、結局軽く数万円は飛んでいくのは現実のところです。これが別のサイト作成となるとまた都度修正費用と時間がかかってしまいます。

ご自身で全部できるよという方は問題ないかもしれませんが、なるべく手間とお金をかけず簡潔に絞り込み検索をつけたい!という方はTCDのGENSEN(TCD050)を活用するのも1つの手じゃないかなと思います。TCDはこれまで50種類以上のワードプレステーマを発売しており、大阪に本社を置くデザインプラスという会社が運営しているのでもちろん日本語サポートも手厚いです。
タグを上手く使っていくつかの絞り込み検索を直感的にページトップに設置することができます。複数キーワードのand,or検索にも対応していました。
ご自身所有のサイトの場合は1ライセンスで複数サイト使い回しができます。

これでYahoo!プロモーション広告の掲載基準は一通り満たすことができました。
Yahooの場合、絞り込み検索機能が必須というよりも中身にオリジナリティがあるかという点が広告出稿の審査において重要になるので、技術的に込み入った小綺麗なサイトを作るよりもコンテンツ作成に時間を割いたほうがよさそうです。

WordPressテーマ「GENSEN(TCD050)」

サブスリー太郎

家計の足しに副業で稼ぎたい!でもモチベーションが続かない,方法がわからないという方へ。 金額至上主義ではなく、心身にゆとりを持ちつつ無理なく副業ライフスタイ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧